因為是七夕,來分享看星星的歌跟看煙火的歌。(可下載桌布尺寸)

看星星★君の知らない物語  詞、曲:ryo 歌:nagi

這首是化物語的ED,不過我沒有看。純粹是因為從黑岩開始我就很喜歡supercell才聽,雖然沒有到每一首都愛的地步,不過我很喜歡牽動情緒的節奏。這首翻譯雖然求通順不求對字數,可是斷行的倒裝句我盡量不裝回去,想稍微保留曲調和辭意的搭配,也避免過度解釋。如果有翻錯請多指教。

いつも通りのある日のこと 
君は突然立ち上がり言った
「今夜、星を見に行こう」

たまにはいいこと言うんだね
なんてみんなして言って笑った。
明かりもない道を

馬鹿みたいにはしゃいで歩いた
抱え込んだ孤独や不安に
押しつぶされないように

真っ暗な世界から見上げた
夜空は星が降るようで

いつからだろう 君のことを
追いかける 私がいた
どうかお願い 驚かないで聞いてよ
私の この想いを

あれがデネブアルタイルベガ
君は指差す 夏の大三角
覚えて空を見る

やっとみつけた織姫様
だけどどこだろう彦星さま
これじゃ一人ぼっち

楽しげな 一つとなりの君
私は 何も言えなくて

本当はずっと 君のことを
どこかで わかっていた
見つかったって 届きはしない
だめだよ 泣かないで
そう言い聞かせた

強がる私は臆病で
興味がないようなフリをしてた だけど
胸を刺す痛みは増してく
ああそっか 好きになるって
こういう事なんだね

どうしたい? 言ってごらん
心の声がする 
君の隣がいい
真実は 残酷だ

言わなかった
言えなかった
二度と戻れない

あの夏の日 
きらめく星
今でも思い出せるよ
笑った顔も 
怒った顔も 
大好きでした 
おかしいよね?
わかってたのに 
君の知らない 
私だけの秘密

夜を超えて  
遠い思い出の君が
指をさす
無邪気な声で

那是某個和平常一樣的日子
你突然站起來說
「今晚,去看星星吧」

偶爾也有不錯的提議呢
這樣一說大家都笑了
在沒有燈光的路上

像笨蛋一樣邊走邊喧鬧
就像不想被心裡的
孤獨與不安給壓垮

從漆黑的世界仰望
夜空宛如繁星墜落

從何時開始呢 我一直在此
追逐 你的身影
拜託 不要嚇到 聽我訴說
我的這份心意

「那個是天津四(Deneb)、牽牛星(Altair)和織女星(Vega)」
你手指著 夏季大三角
我記著這番話,望向天空

總算找到織女星
可是牛郎星在哪呢
這樣不就一個人了嗎

在身旁的你 好像很快樂
我 什麼都沒說

其實,關於你的事情
我一直都很清楚
看得到 卻無法觸碰
不行 不要哭
請對我這麼說

逞強的我其實很膽小
裝出沒興趣的樣子 可是
胸口的刺痛感漸漸增強
啊這樣啊 喜歡上了
就是這樣的感覺吧

怎麼了? 說來聽聽
心中傳出聲音
在你身邊就好
真實是 殘酷的

沒說出口
說不出口
再也回不去

那個夏日
閃耀的星星
至今仍舊能回想起
不管是笑臉
還是生氣的臉
都最喜歡了
很奇怪吧?
我明明知道
這是你所不知
僅屬於我的秘密

超越夜晚
遙遠記憶中的你
伸出手指
用天真的嗓音

看煙火*ライトラグ(Light Lag)  詞、曲:DECO*27 歌: とぴ

DECO*27的曲子應該是從殿堂那邊亂聽聽到的,從紙膠帶那兩首開始感興趣。不過最喜歡的還是生活中微小平淡卻甜得化開的戀愛歌,包含這首。讓人有戀愛中「活著真好」的感覺。總覺得當他的女朋友很幸福(擦擦眼角)。這首翻譯也是求通順不求對字數,意思應該是不會有錯…但意境如果覺得有疑惑,歡迎討論。(但是不優美我也沒辦法啊…本來就不會寫抒情)

それは夜の空に 色濃く咲いた
音は肩すくめ 遅刻してきた
「デートの時のさ、君と僕みたいだ。」
光と音 哀しいほど揃わない二人

なのに君は「綺麗ね。」と 一言
横顔染める花光に 僕が脈打つ

並び笑う 「これも花火だね。」
つられ笑う 抱きしめた距離で
君のその白い肌に
反射する虹色の光
同時に鳴る僕の鼓動はまるで...

8月の夜の ぬる風に乗り
虫たちが踊る 川原でキスを
君の手にとまる 蚊を睨みつけても
上がった心拍数は 
下がっちゃくれないよ

大玉が空を染め上げてく度
可愛くなる君の顔と 赤くなる僕

並び笑う 「これも花火だね。」
つられ笑う 抱きしめた距離で
君のその白い肌に
反射する虹色の光
同時に鳴る僕の鼓動で打ち上げた

光と音が 君と僕とが重なる
愛を唄うカルテット
僕は小声で 花火さんに ありがとう。
赤く赤く染まった 頬を隠してくれて。

在那夜空中 綻放著鮮艷的色彩
聲音好像猶豫般的 姍姍來遲
「簡直就像約會時的你和我」
可悲如聲和光 湊不起來的兩人

沒想到你一句「好漂亮啊」
朝著側臉染上的煙火 打上我的脈搏

並排而笑 「這也是煙火呢」
牽著笑著 幾乎一把抱住的距離
在你潔白的肌膚上
反射七彩光芒
同時我的心跳響著簡直像…

八月的夜晚 乘著暖風
在蟲子們飛舞著的河畔 親吻
就算盯著停在你手上的蚊子
加快的心跳
還是不會減緩

大圓球染上天空的時候
你的臉變可愛了 我變紅了

並排而笑 「這也是煙火呢」
牽著笑著 幾乎一把抱住的距離
在你潔白的肌膚上
反射七彩光芒
同時我的心跳 響徹雲霄

聲和光 重疊著你和我
唱著愛的四重奏
我用微弱的聲音 向煙火說聲 謝謝。
染得通紅的臉頰 幫我隱藏住

    帕霏 發表在 痞客邦 留言(3) 人氣()